今朝は、一昨年の第4回定例会の一般質問で私が取り上げ、臨海副都心の観光活性化に向けて準備を進めてきた「お台場海浜公園スロープ」での水陸両用バスの運行開始にあたっての記念式典が行われました。
水陸両用バスの運行ではすでに実績のある富士急行が運行する車両は、鉄道車両のデザインで有名な水戸岡悦治氏が手がけ、「TOKYO NO KABA」と名付けられ、カバのイラストが愛らしいデザインです。
水陸両用車がお台場観光の起爆剤になることを祈念します。