今朝は、先日施設建物内を視察させていただいた「赤坂九丁目北地区 第一種市街地再開発事業」の竣工祝賀会に出席しました。
この地区は、かつて老朽化した木造住宅が狭隘道路に接して密集し、地区の東側には急傾斜地崩壊危険箇所の崖地が存するなど、防災・耐震面、防犯面で多くの課題がある場所でした。そうした課題解決に向けて平成14年に「檜町地区街づくり構想」が策定され、地区の一体的なまちづくりを目指して、住民と港区、民間企業などが共同して再開発が行われてきたもので、本日、ようやく竣工を迎える運びとなりました。また、施設内には港区子育て広場「あっぴい赤坂」と小規模多機能型居宅介護施設も開設され、赤坂地域の福祉需要の課題解決にも貢献しています。
会場では、木をふんだんに配した本施設のデザイン・設計をされた 隈 研吾先生とも談笑させていただきました。