昨日行われ、出席いたしました第42回 全国育樹祭での各種表彰に祝意を表する場として、皇太子殿下の御臨席を仰ぎ開催された「懇談会」に続き、本日は調布市「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で、皇太子殿下・同妃殿下の御臨席を仰ぎ開催された、『第42回 全国育樹祭式典』に出席しました。
全国育樹祭は、昭和52年から毎年秋に行われている国民的な森林・緑の祭典です。
天皇皇后両陛下が春の植樹祭でお手植えされた樹木を皇族殿下がお手入れされるという育樹活動のシンボル的な行事で、
東京では昨日、20年前、海の森公園に天皇皇后両陛下がお手植えされた樹を、皇太子殿下が剪定されました。
今年の大会テーマは、「育樹から木のある暮らし つないでく」です。
来年は、沖縄県での開催となります。
サブアリーナでのTOKYOおもてなしコーナーでは、都内各地の食べ物や展示ブースが並んでいます。
メインテーマアトラクションでは、江戸消防記念会の梯子乗りも披露。
オープニングアトラクションは、武蔵国府太皷から。メインテーマアトラクションのフィナーレは、森 麻季さんの「Stand Alone」でした。どのアトラクションも素晴らしいものでした。