今夜は東京都が主催し増上寺周辺を舞台に開催したバルーン型デバイスを使った体験型インスタレーションイベント、「Light and Sound Installation “Coded Field”」に参加しました。
本イベントは、リオ五輪大会閉会式での東京2020大会プレゼンテーションの映像・演出技術開発を手掛けたクリエイター集団「ライゾマティクス」が企画したプロジェクトです。
参加者が持つバルーン型デバイスがひとつひとつ暗闇で光る中、ダンサーの方々がパフォーマンスを披露する様子はとても幻想的でアーティスティックであり、「光と音が織りなす都市と人々の饗宴」というサブタイトルのとおりの空間が広がっていました。
東京タワーとバルーンの光のコントラストも素晴らしく綺麗で、いい体験となりました。