都議会では「東京都緊急経済対策」などを含む、補正予算を審議する議会日程が固まり、対応のため連日登庁しています。
ここまで都議会自民党は都知事に対し、「新型コロナウイルス感染拡大の抑制」と「都民の不安と事業者の負担軽減」をセットで行うよう強く要望してまいりましたが、国の緊急事態宣言の発出を受けた8日には更に、新型コロナウイルスの感染者急増に備え、重症者医療に重点を置く医療提供体制を早急に整備するため、感染者の入院専門医療機関を直ちに設置するとともに、緊急事態宣言を受けて食品流通が混乱し、都民の日常生活に支障が生じないよう、中央卸売市場の機能を確保することを、小池知事に要望しました。
都民の代表として責任をもってこの状況に取り組んでまいります。

都民の不安と事業者の負担軽減についての要望書 (4/6)

コロナ入院専門医療機関設置の要望書(4/8)

中央卸売市場の機能強化についての要望書(4/8)

緊急事態措置の決定についての申し入れ書(4/8)