5/12、5/13の両日、都議会第二回定例会に向けて「都議会自民党 政策推進総本部」の勉強会・会議が行われました。
政策推進総本部とは、都議会自民党の公約、マニフェストを実現するために立ち上げられた専門的な議論を行うための政策本部の総称で、都の関係局からのヒアリングや勉強会、所属議員全員による議論などを通して、定例会に向けての会派の政策を練りあげていきます。
当然ながら今回の政策推進総本部はコロナウイルス感染症対策が大きな論点です。
連日、私を含めて会派には都民の皆さんから悲鳴のようなご相談がたくさん寄せられていますが、どれも待ったなしの切迫したご要望ばかりです。定例会までに真剣な議論を重ねて政策を磨きあげねばなりません。
第二回定例会は5月27日から2週間の日程。新たな補正予算がどうなるかが一番の焦点となります。