安倍総理が辞意を表明されました。
事前の報道では、引き続き政権を担われるという報道もあったので大変驚きました。
体調が理由とはいえ、国難と言えるコロナウィルス感染症への対策、首相がライフワークとしていた憲法改正、北朝鮮による拉致問題の解決、そしてロシアとの平和条約の締結など、志半ばでの辞任の決断はさぞ無念であった事と思います。病気治療に専念され1日も早く回復されることを願います。


▲ 総理大臣就任直後の平成25年7月、麻布十番での街頭演説にて