昨日、本日と議事堂に缶詰で「都議会自民党 政策推進総本部」の会議が行われました。
政策推進総本部、なんともカタい名称ですが、ざっくり説明すれば、次の定例会に向けて都議会自民党が掲げた公約をいかに反映していくか政策を練り上げていく全議員出席の会議です。
前回選挙では「風通しが悪い」というレッテルを張られてしまった都議会自民党ですが、実際はこのような政策会議で期数、年齢などに関わらず闊達に議論が行われます。
今回の議論も当然ながら新型コロナ対策が中心で、年度末へ向けた資金繰り対策や、ワクチン接種など、課題は山積みです。
また本日午後には執行部の会議で代表質問についての具体的な打ち合わせも始まりました。
都議会自民党も重要な論戦を前に緊張感が高まっています。