本日、令和2年第2回臨時議会が閉会しました。
今回の臨時議会では医療や介護、福祉サービス等に従事する方々への慰労金や、都議会自民党が知事に直接要望してきた、陽性患者を受け入れてきた医療機関への経営支援、区市町村との共同による感染症拡大防止推進事業、国と連携した家賃支援等への補正予算が可決されました。都議会自民党は、引き続き、地域に根差し、都民の意見をすくい上げるとともに、医療や経済活動を支える現場の意見も聞きながら実効性ある感染防止対策の推進と活力ある東京の実現に全力で取り組みます。
以下は、本会議での我が党の討論から、
「今、日本だけではなく世界がコロナ感染症の真っ只中にあり、長引く感染拡大への対策と、生活や経済活動の回復との両立と言う課題に直面しています。来年に延期された東京五輪・パラリンピック大会の行方も日々変化するコロナ感染症への対策を鑑みながらの検討が求められます。
東京は、こうした過去に経験のない対応に引き続き迫られることとなりますが、多くの都民の支持を得て、新たに船出をした小池知事には、限られた財源の中で、改めて、都民のために必要な事業の「選択と集中」をして頂きながら、積極的に都独自の施策を展開されるよう望みます。」