本日、コロナ禍では初めてと言える地域イベント、「第46回 三田地区まちぐるみ大運動会」が、例年より規模を縮小しコロナウィルス感染防止対策を徹底した上で開催されました。
入場時の手指消毒・検温は勿論、マイクの使い分けなど、主催者である港区青少年対策三田地区委員会の皆様の工夫と対策が随所に施されていました。
例年より少ないとはいえ、久しぶりの行事に地域の多くの人が参加され、武井区長の聖火点火や芝小学校児童のブラスバンド、御田小学校児童の和太鼓演奏など、開会式から沢山の笑顔に触れることができました。
心配された天気の影響もなく、感染防止に配慮した地域や親子ぐるみで参加できる競技など、コロナウィルス感染で暗くなっていた気持ちを吹き飛ばす楽しい運動会でした。
関係者の皆さま、お疲れさまでした。


▲ 挨拶等で使用するマイクは都度の消毒を徹底。

▲ 御田小児童による和太鼓演奏。