経済・港湾委員会

平成二十六年三月十七日(月曜日)
第八委員会室

平成26年3月17日、経済・港湾委員会にて東京港における船舶の安全運航の確保について、ポートラジオ業務について、海の森の造成について、選手村選定にともなう豊洲・晴海再開発整備計画の改定について質問いたしました。


■船舶の安全運航の確保について

1.船舶の安全な運航を確保するためのとりくみについて

〇菅野委員

 それでは、最初に、東京港における船舶の安全運航の確保についてお伺いしたいと思います。
 先日、東京港を私の地元の方たちと一緒に、コンテナふ頭など、視察をさせていただきました。大変その際にはお世話になりました。笹川部長にもおいでいただいてありがとうございました。そのときもコンテナふ頭だけではなくて、東京港全体を見ることができたわけですが、また、先般の利島、大島の視察の帰路の船からも、この東京港が非常に多くの船舶が行き交う港であるということを改めて実感いたしました。後でお聞きしたところ、年間二万六千隻もの船舶が入出港をしているということです。
 日本を代表するコンテナふ頭である大井ふ頭と青海ふ頭は、航路を挟んで向かい合っていて、さらに青海ふ頭の北側には新たな客船ふ頭も建設されることになりました。ただ、これらのふ頭は近接しており、東京港のメーン航路である第一航路を利用するため、入出港する船舶が行き違い、あるいは複数の船舶が続いて航行するようなことも多いものと思われます。
 大型船は、一度動き出すとすぐに方向を変えたりすることは困難だと聞いています。また、貨物の積み込みが終わり、出港する際には船を反対向きに方向転換することが必要で、そのためには広いエリアが必要であるともお聞きしました。
 そう考えますと、例えば入港する船と出港のために方向転換している船とが接触するようなこともあり得るのではないかと大変心配になります。特に、霧や夜間など見通しが悪いときには大変危険であると思います。
 そうした状況の中で、船舶が事故を起こすことなく安全に着岸し、滞りなく貨物の積みおろしや積み込みをして円滑な物流を確保することは、首都圏四千万人の生活を支える東京港にとって非常に重要であります。
 そこでまず、船舶の安全な運航を確保するために、どのような仕組みがあるのかをお伺いしたいと思います。

○笹川港湾経営部長

 船舶が予定どおり安全に航行することは、円滑な物流の確保や効率的な港湾運営のために極めて重要でございます。
 船舶航行の安全確保に向けては、海上保安庁が航路管制を行っております。第一航路の場合、全長三百メートル以上の大型の船舶が航行する際には、当該船舶とそれに向かって対面航行する全長百メートル以上の船舶の交通整理が行われております。
 かつては、ほとんどの船舶が管制の対象でございましたが、東京港を利用しやすい港にするために、官民で協力いたしまして、段階的に規制を緩和してきたものでございます。
 そのため、現在では、東京港を入出港する船舶の大半が海上保安庁の管制を受けてはおりませんが、安全に万全を期すためには、それを補完するような港内の交通整理の仕組みが必要となってまいりました。
 都は、港湾サービスの向上などのため、ポートラジオと呼ばれる無線局を開設いたしまして、船舶の運航状況の把握や関係者間の連絡調整の業務を行ってまいりましたが、こうした動きに対応いたしまして、平成二十二年より東京港独自のサービスとして、新たにポートラジオを活用した港内の交通整理、誘導を行っております。

2.安全航行の確保のためのポートラジオ業務について

〇菅野委員

 利用しやすい港にするということと船舶の安全航行の確保を両立させるために、都がみずから一歩前に出て、ポートラジオ通信局を開設して、それをさらに活用し、交通整理を行っているということであります。それは無線による誘導ということですが、具体的にどのような業務なのか、もう少し掘り下げてお聞きしたいと思います。
 具体的に、そのポートラジオの業務を実際どう行っているのかをお伺いしたいと思います。

○笹川港湾経営部長

 ポートラジオでは、通信士が入出港する船舶との通信を行い、円滑かつ安全な航行ができるよう、日本語及び英語により誘導をしております。
 具体的には、現在位置や入出港におくれがないかなど、船舶の運航状況を把握するとともに、例えば入港の場合であれば、水先人やタグボート、船舶代理店に到着予定時刻を連絡して、入港や着岸作業の準備をしてもらうなど、円滑に着岸できるようサポートをしております。
 また、船舶に対し、他の船舶の動きなどの情報提供や注意喚起を行うなど、危険な状況になることを防止いたしまして、船舶の安全航行を確保しております。