オリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会

平成二十八年十月十一日(火曜日)
第四委員会室
午後一時五十分開議

平成28年10月11日、オリンピック・パラリンピック等推進対策特別委員会にて、初めての試みである追加種目の実施を成功させるために、実施する会場予定地、被災地開催、会場費用の負担などについて質問いたしました。


■追加種目の東京大会での実施について

1.会場予定地の決定の経緯について

〇菅野委員

 それでは、私の方から、まず質問させていただきます。
 今、ご報告もありましたが、八月三日、IOCの総会において、組織委員会が提案した追加種目の東京大会での実施が決定いたしました。我々東京都議会は、一昨年の第四回定例会において、二〇二〇年東京大会における野球・ソフトボールと空手道の競技実施を求める決議も行っているところであります。これら二競技も含めて、IOCの理解が得られたことは、まことに喜ばしいことであります。
 しかし、一方で、例えば野球については、アメリカ、メジャーリーグの選手の参加が不透明であるなど、懸念が示されているという報道もありました。
 そのような中で、IOCの総会で、満場一致で提案どおり採択されたということは、東京大会の追加種目に対するIOCの期待のあらわれであり、都議会自民党としても、その期待に応えるべく、東京大会の追加種目は大成功したと後世に語り継がれるように、しっかりと盛り上げていきたいと思うわけであります。
 そこで、そのためには、まず第一に、競技会場をどこにするのかが大変重要であります。オリンピックは単一競技の国際大会とは異なり、三十三競技の一流選手が全世界から集まって、注目度も高く、多数の観客が集まります。
 また、最高の映像を世界中に発信する必要があるなど、それらに対応するためのさまざまな条件があり、会場をどこにするのかを決めるのはそう簡単にはいかないと思います。
 そこで、前回の当委員会では、この会場予定地について、口頭で報告がなされたと聞いておりますけれども、まず、この会場予定地はどのような経緯で決まったのかを伺いたいと思います。

○小野オリンピック・パラリンピック準備局競技・渉外担当部長

 追加種目の会場については、種目決定後に、できるだけ速やかに会場を確定させるために、組織委員会とともに検討を進めてまいりました。
 各自治体からの要望も踏まえ、候補となり得る施設等を幅広く検証し、IFやIOCとの協議を通じて、候補地の絞り込みを行ってまいりました。組織委員会理事会での決議を経て、候補地を一カ所に絞り込んだ会場予定地が、八月三日のIOC総会においてコーツ調整委員長から示されたところでございます。
 なお、これら会場予定地のほかに、被災地での一部試合の開催可能性について検討されております。

2.会場予定地の絞り込みのポイントについて

〇菅野委員

 この追加種目は、オリンピックアジェンダ二〇二〇により創設された新しい制度であり、世界的に注目度も高く、その絞り込みの過程には多くの苦労もあり、大変だったと思います。
 そこで、各会場予定地は、どういう視点で絞り込んでいったのか、絞り込みのポイントを伺いたいと思います。

○小野オリンピック・パラリンピック準備局競技・渉外担当部長

 競技会場につきましては、アスリートにとって快適な競技環境であることや、各競技の実施に求められる要件に合致し、大会を確実に運営できる会場であることなどの観点から、既存施設を中心に、組織委員会とともに幅広く検討を行いました。